FC2ブログ
2019/08/07 (Wed) 09:00

長崎市シルバー人材センター


長崎市シルバー人材センター(旧 長崎原爆被爆者福祉会館)
長崎市岡町2-13/1960年/鉄筋コンクリート造地下1階・地上3階建 
設計:長崎市建設部建築課 施工:未確認

 今回は長崎市シルバー人材センターをご紹介します。浦上地区の平和公園📷そばに立地する建物で、竣工は1960(昭和35)年12月。もともとは長崎原爆被爆者福祉会館として、長崎原子爆弾被爆者対策協議会(原対協)によって建てられた施設でした。
 竣工に伴い原対協の事務局が入居し、翌年2月以降に診療・職業補導・宿泊などの事業を順次開始。後年、事務局や診療・検査機能は別の施設へ移ったものの、99(平成11)年3月の廃止まで40年近くにわたり、援護事業の拠点として被爆者の生活支援に貢献してきました。廃止翌年に土地・建物が市へ寄贈され、以後は用途を変えつつ余生を送っています。
 なお、市の耐震化に関する資料(昨年度)によると、当建物についてはいずれ解体する方針のようで、耐震診断等は実施されていないとのことです*1

スポンサーサイト



続きを読む

2019/07/28 (Sun) 09:00

長崎市庁舎

ngsk-ch041.jpg

 今回は長崎市役所庁舎をご紹介します。JR長崎駅から程近いエリアに複数の庁舎が立地し、このうち本館は1959(昭和34)年の完成。各階に庇を巡らせた端正な外観で、簡素ながらも美しいモダンな庁舎建築です。しかし、庁舎が分散していて不便なことや、本館などで老朽化が進んでいることから、市は2016年までに新庁舎建設の基本計画を策定。近隣の市公会堂📷跡地へ機能を移転・集約するという内容で、22年度内の竣工を目指しています。

続きを読む

2019/07/14 (Sun) 09:00

旧 中本呉服店


八幡東区西本町のビル
(旧 中本呉服店 → 八幡総合授産所ほか)

福岡県北九州市八幡東区西本町1丁目6/1934年?/鉄筋コンクリート造3階建
設計:不明 施工:鴻池組? 備考:2019年8月に解体予定 

今回は小ネタです。つい先日、以下の新聞記事が(私の)ヤフートップに出ていました。北九州市のとある廃ビルに関する記事で、来月に解体されるのを前に、ビルの秘めた歴史に迫っています。私もこのビルを1回だけ見たことがあり、謎めいた佇まいが印象に残っていました。

 八幡製鉄所の「企業城下町」として発展した北九州市八幡東区西本町に、戦前に建設されたユニークなデザインの廃ビルがある。戦後は職業訓練を施す「八幡総合授産所」として使われたが、もともとは何のビルで、いつ建てられたのか、住民の記憶からも消えていた。8月に解体、撤去される見通しとなり、地元の郷土史家たちが調査すると、「謎のビル」の数奇な歴史が浮かび上がってきた。(中略)
 土地台帳を調べると、所有権は何度も移転していた。さかのぼっていくと「八幡市」「八幡製鐵」「中本呉服店」とあった。34年発行の書籍に、ビルが「建築途中」という広告が出ているのが見つかり、旧棟はそのころに建設されたことが分かった。(後略)

※西日本新聞 2019年7月9日(火)配信記事(いつ、何のため?北九州に“謎のビル” 調査で浮かんだ数奇な歴史)より引用

引用文中にある通り、ビルの建築時期は1934(昭和9)年頃。所有者は何度も変わっていて、そのうちの一つは「中本呉服店」とのことです。

続きを読む

2019/04/21 (Sun) 09:00

日本製紙八代工場の建築

npym012.jpg

昨年6月に訪れた熊本県の八代(やつしろ)市より、日本製紙八代工場の建物をご紹介します。同工場は1924(大正13)年に九州製紙八代工場として創立。以後、合併や分割によって樺太工業・王子製紙(旧)・十條製紙と変遷し、93(平成5)年に現社名となりました。この間、恵まれた立地環境を背景に成長を続け、九州最大規模の製紙工場として現在に至っています。

当記事では外部から見える範囲で、管理施設や福利厚生施設を中心に計7件ほど取り上げます。

続きを読む

2019/03/10 (Sun) 09:00

博多センタービル


博多センタービル(旧 平和農産工業博多平和ビル)
福岡市博多区博多駅前3丁目5-7/1975年/鉄骨鉄筋コンクリート造地下2階・地上13階建
設計:草野建築事務所? 施工:竹中工務店

今回は博多センタービルをご紹介します。福岡市の玄関口・JR博多駅から南西へ徒歩10分弱、住吉通り沿いの交差点角に建つオフィスビルです。竣工は1975(昭和50)年と比較的古いビルですが、築後40年超が経過した昨年夏、一件のニュースによって大きく注目されました。

 福岡市の再開発事業「天神ビッグバン」に伴い、福岡市・天神の福岡ビルなどの建て替え計画を進める西日本鉄道(福岡市)は、同ビルにある本社を2019年3月末に、同市博多区博多駅前3丁目の大型オフィスビルへ移転する方針を固めたことが分かった。
 移転先は地上13階、地下2階建ての博多センタービル。西鉄はテナントとして入居し、全ての本社機能を移す。センタービルは耐震補強工事のためテナントの退去を進めており、約700人が働く本社オフィスを一括で収容できるスペースを確保できることから、移転先に決めたとみられる。再開発後、本社を元の場所に戻すかは未定。
(後略)

※西日本新聞2018年7月24日(火)朝刊記事(西鉄本社が博多駅前に移転 来年3月、建て替え受け)より引用

昨年当ブログでも紹介した福岡ビル📄の再開発に伴い、これまで同ビルに入っていた西日本鉄道の本社が、こちらの博多センタービルに移転するというのです。なお、先月の同社発表によると、明日3月11日(月)から月末にかけて順次機能を移転させ、4月1日(月)から正式に当ビルで営業を開始するとのこと。

続きを読む

2019/02/17 (Sun) 09:00

雲仙スカイホテル

uz-sky038.jpg
雲仙スカイホテル(旧 ホテル芳仙館)
長崎県雲仙市小浜町雲仙323-1/1961年ほか/鉄筋コンクリート造5階建 
設計監理:増沢洵建築設計事務所 施工:大林組 

今回は雲仙スカイホテルをご紹介します。長崎県は島原半島の中部、雲仙岳の中腹に位置する雲仙(うんぜん)温泉のホテルです。もともとは「芳仙館」という木造旅館で、RC造のホテルとしては1961(昭和36)年に第1期が、67(同42)年に第2期が完成。ちなみにフロントの方のお話によると、70年代後半に経営が変わり、それに伴って現在の名称となったそうです。

続きを読む

2019/01/19 (Sat) 09:00

佐世保市交通局


佐世保市交通局舎(旧 佐世保市企業局交通部事務所)
長崎県佐世保市白南風町/1955年/鉄筋コンクリート造3階建

気付けば1月も折り返しですが、2019年もよろしくお願いいたします。本年最初にご紹介するのは佐世保市交通局の局舎。JR佐世保駅📷の表側(東口)に立地し、本局と駅前営業所などが入っています。同局は市営バスを運行しており、創業は1927年。戦後、地方公営企業法の施行に伴って「佐世保市企業局交通課」として独立し、程なくして55(昭和30)年に現局舎が完成しました。その後62年に水道課と分離して交通局となり、現在に至っています。

ちなみに私が訪れたのは3年以上も前のこと。なぜ今更取り上げるのかというと、同局が今年度限り(2019年3月末)で廃止されると最近ニュースで知ったからです。バス事業はこれまで競合関係にあった西肥バスなどに引き継がれるそうですが、この局舎の今後の取扱いについては分かりませんでした。とはいえ駅前という好立地や建築時期の古さを考えると、どうしても解体の2文字が頭に浮かびます。そんな訳で、今のうちに記事にしておこうと思った次第です。

バス路線維持を目的としたバス運行体制の移行について(佐世保市HP)

続きを読む

2018/12/29 (Sat) 09:00

雑記(2018年の在々)



いつの間にか2018年も残り僅か。例年通りあちこちへ足を運びましたが、ブログも相変わらず在庫の山の済し崩しという状態で、やはり新しいネタは積み残す一方でした。そんな訳で昨年末と同様、この一年に訪れた在々所々の話題を、備忘録として長々と書き置きたいと思います。

続きを読む

2018/12/23 (Sun) 09:00

長崎県立長崎図書館


長崎県立長崎図書館(休館中・解体予定)
長崎市立山1丁目1-51/1960年/鉄骨鉄筋コンクリート造3階建(4階増築)
設計:長崎県建築課 施工:清水建設 備考:2018年12月から休館中、19年秋頃から解体予定

今回は長崎県立長崎図書館をご紹介します。戦後、原爆からの復興を目指した「長崎国際文化センター」建設事業の一環として1960(昭和35)年6月15日に開館。児童閲覧室や講堂、食堂を併設した近代的な図書館で、長崎市における市立図書館としての機能も長らく担ってきました。しかし、2008年の長崎市立図書館の新設や、施設の老朽化・狭隘化を受け、県は図書館の新築移転を決定。移転先は県中央に位置する大村市で、市立図書館との合築「ミライon図書館」として来年11月末頃の開館を予定しています。

この移転に向けた準備のため、県立長崎図書館は先月11月末に休館。来年秋頃から建物の解体に着手し、跡地には郷土資料センター(県立図書館から分離新設)が建てられる予定です。なお休館中の措置として、来年1~9月に1階こども室で一部資料の閲覧サービスが再開されるとのこと。解体が始まるまで、もうしばらく使われ続けることになります。

続きを読む

2018/12/01 (Sat) 09:00

JR九州バス鹿児島支店車庫


JR九州バス鹿児島支店車庫
鹿児島市柳町8-27/1947年以降?/鉄骨+コンクリートブロック造?

昨年の今頃に訪れた鹿児島市より、JR九州バス鹿児島支店の車庫をご紹介します。JR鹿児島駅の裏手にあるバス営業所の現役の車庫で、真新しいバス車両とは少々不釣り合いな、古色蒼然とした建物です。原名称や建築時期、構造などは確認できていません。

ただし『鹿児島市史』などによると、当支店はもともと国鉄バス鹿児島自動車営業所だったようです。同営業所は北薩線*1 の開設に伴って1947(昭和22)年に営業を開始したとのこと。国鉄が運輸省から分離・公社化されたのが49(同24)年なので、どちらの時代に建てられたのかは判別しかねますが……いずれにせよ既存建物の転用でもない限り、戦後間もない頃の建築には違いないと思われます。恐らく1940年代後半~50年代前半ぐらいではないでしょうか。

続きを読む

2018/11/17 (Sat) 09:00

JA菊池 菊池中央支所


JA菊池 菊池中央支所(旧 菊池市農業協同組合本所?)
熊本県菊池市隈府852/1967年/鉄筋コンクリート造2階建

今回はJA菊池 菊池中央支所をご紹介します。菊池市の中心部に立地するJA菊池(菊池地域農業協同組合)の支所で、敷地内にある落成の碑(写真)によると竣工は1967(昭和42)年。確証はありませんが『菊池市史』などの記述から、同JAの前身の一つである菊池市農協の本所事務所として建てられたものと思われます。

続きを読む

2018/10/13 (Sat) 21:00

JAにじ浮羽支店


JAにじ浮羽支店(旧 浮羽町農業協同組合本所事務所)
福岡県うきは市浮羽町朝田584-1/1963年/鉄筋コンクリート造2階建
設計監理:石井辰男(浮羽町役場振興課) 施工:善工務店

今回はJAにじ浮羽支店をご紹介します。福岡県うきは市にあるJAの施設で、1963(昭和38)年に浮羽町農協の本所事務所として建てられました。96年に近隣2農協(福岡吉井町・田主丸町)と合併して「にじ農業協同組合」が発足し、その支店となって現在に至ります。

続きを読む

2018/09/22 (Sat) 09:00

延岡総合庁舎


宮崎県延岡総合庁舎
宮崎県延岡市愛宕町2丁目15/1970年/鉄筋コンクリート造3階建+塔屋
設計:川島甲士建築設計研究所 監理:同左、宮崎県土木部建築課 構造設計:鈴木建築・構造事務所 施工:未確認

今回は延岡総合庁舎をご紹介します。宮崎県北部に位置する県内第3の都市、延岡(のべおか)市における県の出先機関を集めた施設で、1970(昭和45)年2月に竣工しました。現在も県税・総務、教育、土木の各事務所や農林振興局などが入居しています。

続きを読む

2018/09/12 (Wed) 09:00

在福岡米国領事館


在福岡米国領事館
(福岡アメリカ領事館/U.S. Consulate Fukuoka)

福岡市中央区大濠2丁目5-26/1960年/鉄筋コンクリート造地下1階・地上2階建
設計:クラーク ビュトラー ロックライズ共同事務所 施工:鹿島建設九州支店

今回は在福岡米国領事館をご紹介します。国内に5か所あるアメリカ領事館の一つで、九州・山口の8県を管轄しています。戦後の1950年に創設され、1960(昭和35)年に現在の建物が完成しました。

続きを読む

2018/08/13 (Mon) 09:00

熊本市役所古京町別館


熊本市役所古京町別館
(旧 熊本家庭裁判所、現存せず)

熊本市中央区古京町1-1/1952年/木造2階建(一部鉄筋コンクリート造3階建、塔屋付)
設計:最高裁判所? 施工:未確認 備考:2017年3月解体

今回は熊本市役所 古京町別館をご紹介します。熊本城の北側、旧三の丸にあたる古京町(ふるきょうまち)にかつて存在した建物です。近年は市役所別館として使用され、熊本城総合事務所などが入居していましたが、2016(平成28)年4月の熊本地震で被災。屋根瓦の落下や外壁の剥離に加えて軽微な傾斜も見られたため、同年度中に取り壊されました。なお、市は跡地について「別館の再整備は行わず、将来的に特別史跡への編入を検討する」としており、現在は暫定的に熊本城復旧工事の資材置き場として利用されています。

市の資料や地元紙・熊本日日新聞の記事によれば、建物はもともと熊本家庭裁判所の庁舎として1952(昭和27)年に建てられたとのこと。さらに、最近『裁判所建築の歩み』という本を入手したのですが、ちょうど落成当時のものと思しき写真が掲載されていました。

続きを読む

2018/07/14 (Sat) 09:00

熊本市中央公民館


熊本市中央公民館
(旧 熊本市社会教育会館、現存せず)

熊本市中央区草葉町5-1/1968年/鉄筋コンクリート造地下1階、地上5階建
設計:野中建築事務所 施工:多々良工務店 備考:2017年解体

今回は熊本市中央公民館をご紹介します。ホール・研修室・図書館などの社会教育機能を一堂に集めた「熊本市社会教育会館」として1968(昭和43)年3月に竣工、翌4月に開館しました。その後、82(同57)年に市立図書館などの分離・移転に伴って公民館の単独施設となり、引き続き市民の生涯学習に貢献しますが、2016(平成28)年4月の熊本地震で被災。度重なる余震もあって構造部に大きな損傷を受けたため、同年度中に取り壊されました。なお、中央公民館は現在一時移転中ですが、市は解体後の跡地に老人福祉センターとの複合施設を新築する方針で、来年(2019年)の開館を目指しています。

そんな訳で現存しない建物ですが、在りし日の姿を一応写真に収めていたので、最近になって知った情報と併せて取り上げておこうと思います。なお、記事中で使用する当館の写真は、すべて2013年秋の撮影です。

続きを読む

2018/06/30 (Sat) 09:00

大分県住宅供給公社ビル


大分県住宅供給公社ビル
(+旧 大分県婦人会館、旧 大分県消費生活センター)

大分市城崎町1丁目2-3/1970年/鉄筋コンクリート造4階建
設計:藤沢建築設計事務所 施工:佐藤組

今回は大分県住宅供給公社ビルをご紹介します。前身の県住宅協会から組織変更して5年後、1970(昭和45)年11月に同公社の事務所として完成しました。現在は県営住宅管理課や、大分市営住宅管理センターなどが置かれています。

ちなみに公社が入るのはビルの右半分ほどで、残りのスペースは空屋となっています。そちらにはかつて大分県婦人会館があり、1階には大分県消費生活センターも入居していました。これらの開館は翌年4月のことですが、公社のビルに後から加わったという訳ではなく、もともと3者が共同で建設したもの。さらに計画段階まで遡ると、どうやら当初は婦人会館の建設をメインに話が進められていたようです。

続きを読む

2018/05/26 (Sat) 09:00

熊本県婦人会館


熊本県婦人会館
熊本市中央区水道町14-21/1970年/鉄筋コンクリート造+鉄骨造、地下1階・地上4階建
設計:川島建築設計研究所(担当:白川正孝) 施工:鹿島建設九州支店熊本出張所

今回は熊本県婦人会館をご紹介します。熊本県婦人会連絡協議会*1 により婦人会活動の拠点として計画され、1970(昭和45)年に竣工・開館した施設です。一昨年の熊本地震では窓ガラスが割れるなどの被害を受けたとのことですが、幸いにも構造上の大きな問題は無かったらしく、同年中の改修工事を経て、現在も引き続き使用されています。

熊本地震から1年全地婦連HP)※機関紙「全地婦連」第489号掲載記事

続きを読む

2018/05/03 (Thu) 09:00

宮崎県婦人会館


宮崎県婦人会館(ユースホステルサンフラワー宮崎)
宮崎市旭1丁目3-10/1965年/鉄筋コンクリート造3階建
設計:川島甲士建築設計研究所 監理:川島甲士建築設計研究所、宮崎県建築課 施工:熊谷組

今回は宮崎県婦人会館をご紹介します。1965(昭和40)年の開館で、半世紀を超える長い歴史をもつ施設です。宮崎市中心部、県庁のすぐ近くに立地し、宮崎県地域婦人連絡協議会やユースホステル「サンフラワー宮崎」が入居するほか、貸会議室なども備えています。

外観は過去に何度か見ていましたが、昨年9月の宮崎旅行の際にユースホステルを利用し、念願叶って(?)館内まで見ることができました。風呂・トイレは共同ながら、非会員でも一泊素泊まり3900円というリーズナブルな価格で、もちろん男女問わず宿泊可能です。

続きを読む

2018/04/14 (Sat) 09:00

杉乃井ホテル本館旧棟


杉乃井ホテル本館旧棟(仮称)
大分県別府市観海寺1/1959年/鉄筋コンクリート造地下1階・地上2階建
設計:光吉健次(九州大学光吉研究室) 施工:大林組

今回は泉都・別府を代表する大型リゾートホテル、杉乃井ホテルをご紹介します。宿泊棟の本館・中館・HANA館をはじめ、複数の大規模な建物から構成されていますが、当記事で取り上げるのはこちらの小さな部分。現在は本館の一部として扱われており、さしたる名称は無いようなので、便宜上「本館旧棟」と呼ぶことにします。

続きを読む