FC2ブログ
2019/03/10 (Sun) 09:00

博多センタービル


博多センタービル(旧 平和農産工業博多平和ビル)
福岡市博多区博多駅前3丁目5-7/1975年/鉄骨鉄筋コンクリート造地下2階・地上13階建
設計:草野建築事務所? 施工:竹中工務店

今回は博多センタービルをご紹介します。福岡市の玄関口・JR博多駅から南西へ徒歩10分弱、住吉通り沿いの交差点角に建つオフィスビルです。竣工は1975(昭和50)年と比較的古いビルですが、築後40年超が経過した昨年夏、一件のニュースによって大きく注目されました。

 福岡市の再開発事業「天神ビッグバン」に伴い、福岡市・天神の福岡ビルなどの建て替え計画を進める西日本鉄道(福岡市)は、同ビルにある本社を2019年3月末に、同市博多区博多駅前3丁目の大型オフィスビルへ移転する方針を固めたことが分かった。
 移転先は地上13階、地下2階建ての博多センタービル。西鉄はテナントとして入居し、全ての本社機能を移す。センタービルは耐震補強工事のためテナントの退去を進めており、約700人が働く本社オフィスを一括で収容できるスペースを確保できることから、移転先に決めたとみられる。再開発後、本社を元の場所に戻すかは未定。
(後略)

※西日本新聞2018年7月24日(火)朝刊記事(西鉄本社が博多駅前に移転 来年3月、建て替え受け)より引用

昨年当ブログでも紹介した福岡ビル📄の再開発に伴い、これまで同ビルに入っていた西日本鉄道の本社が、こちらの博多センタービルに移転するというのです。なお、先月の同社発表によると、明日3月11日(月)から月末にかけて順次機能を移転させ、4月1日(月)から正式に当ビルで営業を開始するとのこと。

スポンサーサイト



続きを読む

2018/09/12 (Wed) 09:00

在福岡米国領事館


在福岡米国領事館
(福岡アメリカ領事館/U.S. Consulate Fukuoka)

福岡市中央区大濠2丁目5-26/1960年/鉄筋コンクリート造地下1階・地上2階建
設計:クラーク ビュトラー ロックライズ共同事務所 施工:鹿島建設九州支店

今回は在福岡米国領事館をご紹介します。国内に5か所あるアメリカ領事館の一つで、九州・山口の8県を管轄しています。戦後の1950年に創設され、1960(昭和35)年に現在の建物が完成しました。

続きを読む

2018/02/16 (Fri) 09:00

福岡ビル


福岡ビル(福岡ビルディング)
福岡市中央区天神1丁目11-17/1961年/鉄骨鉄筋コンクリート造、地下3階・地上10階建
設計:日建設計工務 設計顧問:内藤多仲、今井兼次 施工:間組福岡支店

いつの間にやら2月も半ばになりますが、2018年もよろしくお願いします。さて、今年最初にご紹介するのは、福岡市の中心・天神の一等地に建つ福岡ビル。大手私鉄・西日本鉄道により、同社の本社や銀行支店、商店街などの入る複合ビルとして計画され、1961(昭和36)年12月末に竣工しました。

延床面積は4万2456平米(当初)で、当時としてはもちろん半世紀以上が経過した現在も、なお市内有数の規模を誇るビルです。しかし近年、周辺一帯の高さ制限が緩和された*1 こともあり、西鉄はビルの建て替え方針を決定。隣接する商業施設(天神コア・天神ビブレ)との一体的な再開発が検討されています。

【追記】2019(平成31)年4月6日に閉館。西鉄本社は博多センタービル📄へ移転。

続きを読む

2017/12/03 (Sun) 09:00

かんぽ生命 福岡サービスセンター


かんぽ生命保険 福岡サービスセンター
(旧 逓信省福岡簡易保険支局庁舎)

福岡市中央区大濠公園1-1/1934年/鉄筋コンクリート造4階建
設計監督:大蔵省営繕管財局 施工:間組

今回はかんぽ生命保険 福岡サービスセンターをご紹介します。福岡市中心部に程近い大濠公園の北側、明治通りに面する雄大かつ瀟洒なオフィスビルです。旧逓信省の福岡簡易保険支局として、1934(昭和9)年に竣工しました。

続きを読む

2017/09/02 (Sat) 09:00

JA福岡県会館


JA福岡県会館(福岡県農協会館)
福岡市中央区天神4丁目10-12/1960年/鉄筋コンクリート造+鉄骨造、地下1階・地上5階建
設計監理:石本建築事務所 施工:竹中工務店

今回はJA福岡県会館をご紹介します。県農業協同組合中央会(JA福岡中央会)や県信用農業協同組合連合会(JA福岡信連)、県農協健康保険組合(JA福岡健保)、全国共済農業協同組合連合会 福岡県本部(JA共済連福岡)などが入居する、JAグループ福岡の拠点施設です。1960(昭和35)年2月に着工し、同年12月に竣工しました。

続きを読む

2017/08/19 (Sat) 09:00

福岡市民会館


福岡市民会館
福岡市中央区天神5丁目1-23/1963年/鉄筋コンクリート造+鉄骨造、地下1階・地上4階建
設計監理:村田大旗建築事務所 施工:大林組福岡支店

今回は福岡市民会館をご紹介します。天神5丁目の須崎公園に隣接し、大小2つのホール(各1770・354席)を有する文化施設で、1963(昭和38)年10月に竣工・開館しました。

続きを読む

2016/12/17 (Sat) 09:00

福岡三栄ビル

ffb024.jpg
福岡三栄ビル(旧 福岡不動産ビル)
福岡市中央区天神1丁目14-16/1964年/鉄筋コンクリート造地下2階・地上6階建(塔屋3階)
設計:日建設計工務 施工:清水建設

本年最後の建築紹介記事となる今回は、天神の昭和通り沿いにある福岡三栄ビルをご紹介します。

数年前に “物件情報サイトに載ってた1964年竣工のビル” として何気なく訪れたところ、思いがけず現れた威容に圧倒されたのですが、その割には中身が何の変哲もないオフィスビルであるため、どこか引っかかる存在として印象に残っていました。しかし昨年になって、ふと「そういえば昔はあおぞら銀行の福岡支店が入ってたな」と思い出して支店の沿革を確認してみると、同行がまだ日本不動産銀行と名乗っていた1964(昭和39)年、すなわちビルの竣工と同じ年に近隣から移転入居していたことが明らかに。そこで「ひょっとしたらこのビルは日本不動産銀行によって建てられたのでは」と推測するに至ったのですが…

続きを読む

2016/01/23 (Sat) 09:00

福岡中央銀行清川支店


福岡中央銀行清川支店 (旧 正金相互銀行清川支店)
福岡市中央区清川1丁目12-3/1969昭和44年?/鉄筋コンクリート造地上2階地下1階建

久しぶりに福岡市の建物を紹介します。住吉通りの清川交差点から少し入った所、清川ロータリーへと続く通り沿いにある福岡中央銀行清川支店です。

続きを読む

2015/08/23 (Sun) 09:00

警固3丁目の洋館2軒


警固3丁目の洋館
福岡市中央区警固3丁目/1928年/木造2階建

今回は警固3丁目にある洋風の住宅を2軒ご紹介します。まずは『日本近代建築総覧』でその存在を知ったお宅から。同書とグーグルマップを照らし合わせていると、どうも現存しているらしいので、とりあえず行ってみることにしました。

続きを読む

2015/07/11 (Sat) 09:00

ふくぎん博多ビル


ふくぎん博多ビル
福岡市博多区上川端町12-20/2008年5月/鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造地上12階地下1階建+塔屋
設計:日建設計 施工:竹中工務店

今回は博多区上川端町にあるオフィス中心の複合ビル、ふくぎん博多ビルをご紹介します。

続きを読む

2015/07/04 (Sat) 09:00

サンケン・エンジニアリング本社事務所


株式会社サンケン・エンジニアリング 本社事務所
福岡市南区大楠2丁目13-7/1960~61年頃/木造?

今回は南区の大楠2丁目にある、舞台・ホール設備の施工会社「サンケン・エンジニアリング」本社の建物をご紹介します。同社のHPによれば設立は1966年とのことですが、国土地理院の航空写真を見ると、建物自体は1960年5月から61年5月までの1年間に建てられているようです。

舞台機構・特殊機構・環境事業の株式会社サンケン・エンジニアリング > 会社概要

KU601YZ-C1-31 (1960年5月12日撮影)
MKU611-C11-32 (1961年5月13日撮影)

続きを読む

2015/06/07 (Sun) 09:00

渡辺通2丁目の洋館


渡辺通2丁目の洋館
福岡市中央区渡辺通2丁目/昭和戦前?/木造2階建

城南線から少し入った場所、電気ビルの裏手辺りにひっそりと残る洋館。現在は事務所兼住宅のようですが、どことなく医院建築のような雰囲気も感じられます。当初の用途や竣工年など詳細は不明。

続きを読む

2015/05/30 (Sat) 09:00

九州大学 旧応用物質化学分子教室ほか



今回はオマケ回です。箱崎キャンパスに存在する昭和戦後~後期のRC造建築のうち、建築学教室五十周年記念講堂以外で気になったものを簡単にご紹介します。いずれも所在地は福岡市東区箱崎6丁目、箱崎キャンパス理系地区の敷地内。また有識者調査の対象にはなっておらず、保存活用は検討されていません。

続きを読む

2015/05/30 (Sat) 09:00

九州大学出版会 旧事務所

kup003.jpg
九州大学出版会 旧事務所
(九州大学 松原実験研究棟)

福岡市東区箱崎7丁目1-146/1950年代?/木造2階建

箱崎キャンパスの北端、貝塚駅(西鉄側)のすぐ近くにある建物。キャンパス配置図には「松原実験研究棟」との記載があり、もともとは大学(農学部?)の研究施設だったようです。近年は九州大学出版会の事務所が入居していましたが、同事務所は先月20日に早良区百道浜のイノベーションプラザへ移転したとのこと。旧事務所の取扱いには言及がなく、現在の用途は不明です。

◎九州大学出版会HOME > トピックス > 事務所の移転について

続きを読む

2015/05/30 (Sat) 09:00

九州大学 旧ゲッチンゲン風洞実験室


九州大学 旧ゲッチンゲン風洞実験室
福岡市東区箱崎6丁目/1939年頃?/木造平屋建など

今回は旧航空学教室に隣接する旧ゲッチンゲン風洞実験室を紹介します。建物のデータは不明ですが、旧航空学教室に付随する施設であることから、同じ1939(昭和14)年か、その直後の竣工と思われます。

続きを読む

2015/05/29 (Fri) 10:00

九州大学 旧振動実験室


九州大学 旧振動実験室
福岡市東区箱崎6丁目/1938年/鉄筋コンクリート造平屋建

小松門を入って左手にある旧工学部4号館の裏側、区画のやや奥に建つ箱型の建物。1938(昭和13)年竣工の旧振動実験室です。工学部の移転後は閉鎖され、現在は使用されていません。

続きを読む

2015/05/17 (Sun) 09:00

九州大学 貝塚門門衛所


九州大学 貝塚門門衛所
福岡市東区箱崎6丁目/1935年/木造平屋建

九大の古い門衛所といえば、病院キャンパス正門箱崎キャンパス正門のもの(それぞれ1903年、1914年の竣工)が有名ですが、戦前期の門衛所がもう一つ現存しています。

続きを読む

2015/05/17 (Sun) 09:00

九州大学 箱崎キャンパスの掲示板

nb008.jpg
九州大学 箱崎キャンパスの掲示板
福岡市東区箱崎6丁目/昭和初期?/鉄筋コンクリート造?

今回はキャンパス内に残る古い屋外掲示板3点をご紹介します。いずれも詳細は不明ですが、設置時期は意匠から1926(大正15・昭和元)年~1930年頃、また構造は鉄筋コンクリートと推定。

続きを読む

2015/04/28 (Tue) 10:00

九州大学 農学部2号館別館


九州大学 農学部2号館別館
(旧 農林生物物理研究棟)

福岡市東区箱崎6丁目/1927年/鉄筋コンクリート造2階建

農学部6号館の右隣、木々に包まれて佇む小さな建物。あまり知名度の高い存在とはいえませんが、『福岡の近代化遺産』によれば竣工は1927(昭和2)年と意外に古く、九大のRC造建築では初期の作品にあたります。農学部の農林生物物理研究棟として建てられ、現在は同学部2号館の別館となっています。

続きを読む

2015/04/26 (Sun) 09:00

九州大学 農学部正門


九州大学 農学部正門
福岡市東区箱崎6丁目/1923年?/石造?

箱崎キャンパスの北側に構えられた古風な門。1919(大正8)年創設の農学部の正門として設置されたもので、位置や用途を変えることなく現在に至っています。キャンパス正門と同じく自動車での利用は不可。

続きを読む