fc2ブログ
2014/06/06 (Fri) 20:53

ここ最近の気になるニュース5件+1

ここのところ山田炭鉱の記事が続いているので、気になるニュースや出しそびれたネタが大分溜まっています。今日はそれらの中から5件と1件だけ、簡単に綴っておきます。


ダイエー熊本下通店が閉店(5月11日)

65_01.jpg
▲最終日の営業が終了し、閉鎖されたダイエー熊本下通店(熊本市中央区)の正面玄関 / 5月11日20時19分撮影

百貨店で起きた火災としては史上最悪の大惨事となった熊本市の大洋デパート火災(1973年)。その旧大洋デパートの後継店舗として永らく営業してきたダイエー熊本下通店が、ビル建て替えのため先日閉店しました。そういえば私は昨年12月の雑記で「閉店までに見に行かねば~」などと言っていたのですが(旧大洋デパート 来年解体へ)、2014年になった実感すら湧かないままこの半年を過ごしてきてしまったので…ええ、すっかり忘れていました。

さらに情けないのが、思い出したのが営業最終日(5月11日)の夜になってからだったということ。たまたま福岡市から熊本に戻る途中の高速バスの車内だったため、その時は「通町筋(=ダイエーに近いバス停)で降りればギリギリ閉店に間に合うかな」などと考えていたのですが…最終日は18時で営業終了となっていたため余裕でアウトでした(通常は22時閉店)。自分の中ではずっと「いつか見に行こう」と思っていたつもりだったのですが、やっぱりこういうことは後回しにしてはいけませんね。


(関連リンク)
昭和のスーパーマーケットどっとこむ - ダイエー熊本下通店
営業最終日の様子や館内の造りはこちらのサイトで紹介されています。


ダイエー社長「店舗再編、当面行わず」(5月30日)

65_02.jpg
▲食品分野強化のため、6月に改装を実施するダイエー鹿児島中央店(鹿児島市) / 2013年9月19日撮影

昨年正式にイオンの子会社となって以降、店舗の統廃合が危ぶまれていた(?)ダイエーですが、ダイエー村井社長は会見で「当面は食品を中心としたテコ入れを優先させる」と表明しました。ダイエーは過去にユニード(福岡市)を吸収したり福岡に球団を持っていたりと九州との縁が深く、現在も佐賀県を除く各県に店舗があり、また都市型高層店舗や郊外型SCといった大規模店舗も各地で営業を続けています。そんな中で九州でも勢力を伸ばしているイオンの傘下になってしまったのですから、今回の会見で将来的な再編は否定されなかったものの、当面の店舗存続が決まってホッとしたという方も多いのではないでしょうか。

私はどこか特定のスーパーマーケットチェーンを贔屓している訳ではないのですが、イオンとダイエーのどちらが好きかと聞かれれば迷わずダイエーと答えます。今後ダイエーがイオンの下でどのように変わっていくのか、気になる所です。


(参考記事)
◎qBiz(西日本新聞経済電子版) - ダイエー村井社長「店舗統廃合は当面しない」 将来の再編には含み残す


県民百貨店が移転方針、株主総会で決定(5月29日)

65_03.jpg
▲再開発に向けた動きが進む熊本交通センター(熊本市中央区)、左の建物が県民百貨店 / 2013年4月29日撮影

九州産交HDが推し進める熊本交通センター周辺の再開発(2015年春着工予定)に関連し、現在の核店舗である県民百貨店(旧称・くまもと阪神)が再開発ビルに入居せず、移転する方針を固めました。九州産交から提示された新店舗の売場面積が現在よりも大幅に狭かったことが要因のようですが、移転先について全く目途が立っていない状態での決定に戸惑いが広がっています。

県民百貨店は1973年に岩田屋伊勢丹(のち伊勢丹が撤退、熊本岩田屋に)としてスタートした百貨店で、地域一番店の鶴屋百貨店には及ばないものの、バスターミナルに隣接する好立地や阪神百貨店からの支援により幾多の苦難を乗り越え健闘してきました。それが再開発の話で家主とモメた結果存亡の危機に立たされるなんて、何だか博多井筒屋(※)を見ているようでつい心配してしまいますね。

※…建て替えに伴うテナント選定でモメた末に追い出された、先代博多駅ビルの百貨店。その後イマイチ客の入りが良くないと評判の大型施設に出店するも振るわず、福岡市から完全に撤退した

また今月2日には事業を後押ししてきた現職市長が次期市長選(11月実施の見通し)への不出馬を表明し、計画への影響が懸念されています。今のところ計画の大まかな方向性については順調に進んでいたのですが、再開発ビルに入居するMICE施設に市が300億円を投じることから一部では慎重な意見もありました。そのため今後行われる市長選で再開発計画がやり玉にあげられる恐れがあり、こちらの動向も非常に気になります。


(関連リンク)
Re-urbanization -大阪再都市化- - 熊本交通センターを建て替える「熊本・桜町再開発事業」が具体化、2018年春の完成を目指す!
再開発事業の概要についてはこちらのブログで紹介されています。


長崎市役所&市公会堂、MICE施設優先で延命?(5月29日)

65_04.jpg
▲現在の公会堂敷地への新築移転が決定している長崎市役所庁舎 / 画像はWikipediaより

この件についてはあまり詳しくないのですが…ダイエー熊本下通店のようにうっかり忘れてた、なんてことのないよう自分用の記録も兼ねてご紹介。もともと長崎市役所の現行庁舎(1959年竣工、写真)が老朽化してたり手狭だったりということで、同じく老朽化の進む長崎市公会堂(1962年竣工)を解体し、その跡地に市役所を新築移転しよう!という話なんだそうです。しかし市公会堂は戦後の優れたモダニズム建築のため保存を求める声があり、また代替施設の計画があまり進んでいなかったのだとか。

そうした状況を受け長崎市議会は並行して進めるMICE施設の建設を優先し、市役所移転を後回しすることを決定。現行庁舎と公会堂を解体する市の方針は変わらないものの、新築移転は当初予定していた2019年度より遅れることになったようなので、これら2つの建物の寿命は少しだけ伸びたといえるのではないでしょうか。同じく新築移転の計画がある長崎県庁舎(1953年竣工)も見ておきたいですし、そろそろ本当に長崎市に行かないといけない気がします。かねてから訪れたい都市の筆頭だったのですが、あまりに見所が多すぎて旅行の計画を立てるのが面倒で…これはこれで困ったものですね。


(関連リンク)
建築マップ - 長崎市公会堂
長崎市公会堂はこちらのサイトで紹介されています。写真からも建物の持つ魅力がバンバン伝わってきますが、この大胆な造形は是非ともこの目で見てみたいですね。


移転予定の鹿児島市交通局、ジオラマを公開(6月2日)

65_05.jpg
▲老朽化のため来年度中の移転が予定されている鹿児島市交通局(同市高麗町) / 2013年9月19日撮影

たまたま表題通りの内容の記事を目にしたのですが、鹿児島市交通局が移転するというのはこの記事で初めて知りました。高麗町にある現在の交通局は1912年から使用されており、大正時代に造られた石造りの変電所や戦後間もない頃に建てられた局舎などが残っています。私は昨年夏に一度訪れていますが、移転直前に敷地内の一般公開とかやらないかな~とちょっぴり期待しています。なお元記事にあったジオラマの公開は残念ながら2日から6日までの平日のみ、つまり今日で終わりだったそうですが、こちらも今後どこかでまた公開されないかな~と願ったり思ったり。


(参照記事)
◎qBiz(西日本新聞経済電子版) - 「木造局舎、惜別のジオラマ」 鹿児島市交通局移転で制作

なお、移転計画の詳細については交通局発表の資料(PDF注意)をご覧ください。


このブログのテーマとはまっっっっったく関係無いのですが…
カーニー米大統領報道官が退任へ(5月30日)

65_06.jpg
▲6月中での退任が決まったホワイトハウス報道官のカーニー氏=似顔

2011年からホワイトハウスの報道官を務めていた、オシャレな黒縁メガネが印象的なジェイ・カーニー氏。写真によって青年に見えたり中年に見えたりと年齢不詳ぶりを発揮していたため、何となく気になっていた方も多いのではないでしょうか。調べてみたところ何と就任時点で45歳だったそうで、現在は50手前ということになります。自分も年を取るならこんな感じになりたいな~なんて思ってみたりもするのですが、そもそもスタートからして大きな差があるようなので潔く諦めましょう。

ちなみにこのネタをやりたいがためにヒューリック博多ビル(1975年築、旧称カーニープレイス博多)の記事でも書こうかと思ったのですが、フォルダを漁ったら↓こんな感じになっていたのでやむなく断念。

65_07.jpg

データが壊れている写真が意外と多くてゲンナリです。


(参照記事)
カーニー米大統領報道官が退任へ(CNN)



以上、ここ最近の気になるニュース5件+1でした。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

初めまして、「建築マップ 長崎市公会堂」の執筆者でタケと申します。記事をご紹介いただきありがとうございます。Fukupediaさんのブログは最近知りまして、毎回楽しみに拝読しております。今後ともよろしくお願いいたします。

タケ様

初めまして、コメントありがとうございます。今回は建築マップの記事を紹介させて頂いたのですが、実はタケ様のサイト“ALL-A”はかねてから(記憶が曖昧ですがブログを移転される前、HNを変更される前から)拝読しております。影響された部分や参考にさせて頂いた点も多いので、今こうして自分のブログを読んで頂けるとは嬉しい限りです。こちらこそ、よろしくお願い致します。

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/07 09:00)

長崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。