Fukupedia ホーム »  明治~昭和戦前 »九州大学 アドミッションセンター

九州大学 アドミッションセンター  


九州大学 アドミッションセンター
(旧 法文学部心理学教室)

福岡市東区箱崎6丁目/1927年/鉄筋コンクリート造2階建
設計:倉田謙 施工:不詳

旧応用力学研究所本館(旧法文学部本館/以下、本館)の裏手、工学部通用門の脇にひっそりと佇む建物。縦長窓や柱型を多用し垂直性を強調した外観により、建物の規模や立地の割に威厳が感じられます。法文学部の心理学教室として1927(昭和2)年に竣工し、現在はアドミッションセンターとして使用されています。

amc010.jpg

まずは建物正面(東側)から見ていきます。玄関ポーチを兼ねて中央に突き出した塔屋が外観の特徴。パッと見では完全に左右対称な建物のようですが、正面向かって左手が3連窓+2連窓、右手が2連+2連と、左手の方が少し幅をとった非対称のスタイルとなっています。

amc004.jpg

玄関前から見上げる。中央部の窓は縦長のものが1列のみで、連窓を用いた本館や旧附属図書館(以下、図書館)に比べると大きく印象が異なります。どことなく冷たいというかお堅いというか…こういうのって心理学にも関係あるんですかね。

amc008.jpg

詳細。本館と図書館に比べるとシンプルながら、やはりタイルによる縁取りとレリーフが巧みに使用されています。軒を境として段状に後退している塔屋頂部のデザインも面白いですね。ちょうど頭に帽子を被っている姿にも見え、建物全体の佇まいは古風な装いの老紳士のように思えてきます。

amc007.jpg

くだらない妄想はさておき、玄関周辺に移りましょう。

amc009.jpg

木々に遮られて見づらいですが、前面に張り出した中央部をぐるりと囲むように玄関庇。ちなみに軒や庇が角ばった造りであるのとは対照的に、外壁のコーナーは全てアールに仕上げられています。

amc014.jpg

ポーチ詳細。開口部は玄関上の窓と同じく赤茶色のタイルで縁取られ、足元の両脇には彫刻が施されたブロック。

amc012.jpg

頭上の両脇にはレリーフが配されています。お馴染みとなったプレートの番号は、私が確認したものでは最も少ない「二」でした。

amc013.jpg

ポーチ内部の腰回りには違った種類のタイルが貼られています。ちなみに後年の改装によるものなのか、入口に石段はなくスロープになっていました。

amc020.jpg

続いて窓回りを見ていきたいのですが、正面は木々に囲まれているので背面へ移動します。

amc006.jpg

amc015.jpg

工学部通用門を抜け、キャンパス敷地外の道路へ。

amc016.jpg

背面は左側(=正面右側)がやや突き出しており、正面とはまた少し違った雰囲気。建物全体の平面構成としてはL字型ということになります。

amc018.jpg

1階の窓回り。上下ともタイルが斜めに貼られており、外観上のアクセントとなっています。

amc017.jpg

同じく1階の窓ですが、正面右側~右側面(建物北側)~背面左側に限り、基壇部に食い込む形で大きく取られています。単純に採光を意識した結果なのか、それとも内部の階高が異なるのでしょうか。

amc019.jpg

2階の窓回り。1階と同じく上下にタイルが使用されています。また大半の窓がアルミサッシに取り替えられている中で、2階の一部ではオリジナルのものと思われる鉄枠の窓も見られました。

amc005.jpg

最後に背面を遠くから。ちなみに建物裏手にある曲がり角も、建物の平面構成と同じL字型です。全くもってどうでもいい話ですが…。

amc011.jpg

おまけ。建物の左側には2階辺りまで隠れてしまうほどの塀が、その高さに相応しくない中途半端な長さで建っています。

amc001.jpg

ツタの葉が茂っていない頃の写真がこちら。等間隔に控え壁が並ぶ中々古そうなコンクリート塀です。

amc002.jpg

控え壁の間、真ん中ぐらいの高さの所には緩やかなアーチ状の意匠も見られます。恐らく昭和初期までに建てられたものと思われますが、箱崎キャンパスの敷地境界は見通しの効く柵がほとんどであり、このような高い塀は少し珍しい気がしました。

以上、旧・法文学部心理学教室でした。


(撮影年月)

・2012年
 7月)001、002
 11月)003、004

・2014年
 9月)005~019
 11月)020

スポンサーサイト

category: 明治~昭和戦前

thread: 建物探訪

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukupedia18.blog.fc2.com/tb.php/212-d235ebac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

▲ Pagetop