Fukupedia ホーム »  明治~昭和戦前 »九州大学 附属図書館付設記録資料館産業経済資料部門

九州大学 附属図書館付設記録資料館産業経済資料部門  

mlbe001.jpg
九州大学 附属図書館付設記録資料館 産業経済資料部門
(旧 法文学部演習室)

福岡市東区箱崎6丁目/1937年/鉄筋コンクリート造2階建

旧法文学部本館の向かい、キャンパス敷地の南端に建つ建物。竣工は1937(昭和12)年であり時代的には近代建築に属するものの、装飾を抑えた控えめな外観デザインとなっています。なお、設計者・施工者はともに不詳とのこと。

mlbe004.jpg

側面には窓と接する形で薄い庇が巡らされており、モダニズム建築としての魅力がそこそこに感じられます。しかし肝心な建物正面は玄関以外に庇が存在せず、装飾の類も一切見られない少々のっぺりとした壁面となっており、まるで戦後に建てられた何の変哲もない建物のようです。

mlbe005.jpg

玄関回りも極めてシンプルな造りで、扉の交換やスロープの設置(資料を積んだ台車の出入りを容易にするためと思われる)など相応の改造も受けています。またほとんどの窓がアルミサッシに取り替えられており、恐らくこの点も外観から時代性を掴みにくい要因のひとつなのでしょう。

mlbe002.jpg

そんな外観において唯一の分かりやすいデザイン要素といえるのが、階段室の側面に配された丸窓です。

mlbe003.jpg

手前に張り出した部分にやや遮られますが、敷地外の道路から見上げると確かに丸窓が2つ確認できますね。以下は想像ですが…張り出し部分が後年の増築によるものであり、もともとは1~2階の踊り場にも丸窓が存在し計3つの丸窓が並んでいたとすれば、もう少し現在よりもデザイン性の感じられる建物だったのではないかと思います。

mlbe006.jpg

あくまで建物の外観に限って言うならば、少々物足りなさを感じる点は否めません。優れたデザインの旧法文学部本館が向かい合って存在することも多少は影響しているのでしょうが、玄関回りでさえ意匠が特に見られないファザード、また片隅にやや塔屋が突き出す程度と変化に乏しい構成、この2つに起因するところが大きいと思います。

他の建物と比較するなら旧・農学部農芸化学本館(1938年)は前者、旧・航空学教室(1939年)は後者の要因をクリアして魅力ある外観となっています。これら2つはいずれもこの建物より後年の竣工であり、この建物の大人しい外観が時代に因るものでないことは明らかでしょう。

もちろん建築当時の雰囲気を留めているという内装、それに所蔵資料と施設の歴史的背景を考慮すれば、決して価値の低い建物ではないと思いますけどね。以上、旧・法文学部演習室でした。写真の撮影年月は以下の通り。

2014年9月)001~003
2014年11月)004~006

スポンサーサイト

category: 明治~昭和戦前

thread: 建物探訪

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukupedia18.blog.fc2.com/tb.php/213-c1b0f518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

▲ Pagetop