Fukupedia ホーム »  明治~昭和戦前 »九州大学 旧工学部高温度化学実験室

九州大学 旧工学部高温度化学実験室  

pcl005.jpg
九州大学 旧工学部高温度化学実験室
福岡市東区箱崎6丁目/1932年/鉄筋コンクリート造平屋建

本来なら物件リストの順番に進めていく所ですが、前回紹介した旧応用化学教室の裏手に存在する2棟を早めに取り上げておきます。まずは旧工学部高温度化学実験室から。

pcl001.jpg

位置関係はこんな感じ。写真奥の壮麗な建物が旧応用化学教室(以下、教室棟)で、ちょうど右後ろに建っています。

pcl002.jpg

竣工は1932(昭和7)年と教室棟より5年遅れますが、ほぼ同一の外観デザインが採用されており、建物も渡り廊下で接続されています。

pcl006.jpg

教室棟と同じ装飾が施された窓回り。

pcl003.jpg

建物は工学部移転後に閉鎖され、残念ながら現在は空き家となっています。そのため窓はもれなくベニヤ板で塞がれていますが、その代わり(?)当初のものと思われるスチールサッシが完璧に残っています。

pcl009.jpg

外壁も教室棟と同色のタイル張り。足回りを石材で飾るのもお揃いの仕様です。

pcl008.jpg

ただし窓下の換気口グリルでは独特の直線的なデザインが用いられ、僅かながら個性を感じさせます。

pcl018.jpg

それ以外にデザイン面で教室棟と大きく異なる点といえば、頂部のタイル装飾やコーナーのアールが見られないことでしょうか。竣工年や規模・用途の差が影響してか、比較的シンプルな印象を受けます。

pcl007.jpg

写真左が教室棟。両者を結ぶ渡り廊下も32年竣工でコンクリートによる頑丈な造りです。

pcl010.jpg

その付け根の出入口。恐らくここが建物の正面玄関にあたるのでしょう。

pcl012.jpg

玄関扉は取り替えられているようです。右側の透かしブロックも後年に追加されたものと思われますが、どういった役割があるのかはよく分かりません。

pcl017.jpg

玄関ポーチ内の天井には電球がひとつ。入口左上には「建 一〇八」のプレート。

pcl016.jpg

ちなみに渡り廊下にも番号が割り振られており、こちらの数字は「一〇七」となっています。

pcl011.jpg

振り返って、教室棟側。

pcl015.jpg

pcl014.jpg

pcl013.jpg

当建物も教室棟と同じく「安全性に問題有りと認められる近代建築物」であるグループCに分類され、完全保存による利活用は困難とのことです。そのため保存が叶ったとしても建物の一部や部材のみにとどまり、場合によっては跡形もなく撤去されてしまう恐れもあります。

単体で見てもシンプルながら丁寧に仕上げられた作品だと思いますが、教室棟とセットで存在する状態でこそ本来の価値が発揮されるといえるでしょう。それだけに現在見られる光景があと数年で確実に消えてしまうと考えると、何とも残念でなりません。

以上、旧工学部高温度化学実験室でした。

pcl004.jpg

おまけ。旧応用化学教室(写真奥)、旧工学部変電室倉庫(同手前左)とのスリーショット。


(撮影年月)

2014年9月)001~012
2014年11月)013~018

スポンサーサイト

category: 明治~昭和戦前

thread: 建物探訪

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukupedia18.blog.fc2.com/tb.php/242-f666ae8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

▲ Pagetop