Fukupedia ホーム »  明治~昭和戦前 »九州大学 貝塚門門衛所

九州大学 貝塚門門衛所  


九州大学 貝塚門門衛所
福岡市東区箱崎6丁目/1935年/木造平屋建

九大の古い門衛所といえば、病院キャンパス正門箱崎キャンパス正門のもの(それぞれ1903年、1914年の竣工)が有名ですが、戦前期の門衛所がもう一つ現存しています。

pl-kzg001.jpg

場所は箱崎キャンパスをひたすら北へ進んだ先にある貝塚門。地下鉄・西鉄の貝塚駅に近く、出口専用ながら車両の通行も可能となっているのですが…

pl-kzg002.jpg

現代的な出庫ゲートとは不釣り合いな、古めかしい木造の門衛所が建っています。

pl-kzg003.jpg

『福岡の近代化遺産』によると竣工は1935年とのこと。ちょうどその頃に国道2号線(※)が開通しているので、恐らく門自体もそれに合わせて設置されたものと思われます。

※…現・国道3号線。箱崎キャンパスの裏手(西側)、浜辺を埋め立てる形で昭和初期に建設された。ちなみに貝塚駅は当時はまだ「農科裏」という信号所で、駅に昇格したのは1950年のこと

pl-kzg010.jpg

それでは建物を見ていきましょう。外装はペンキ塗りの縦板張りで、薄い切妻屋根が乗っかっています。

pl-kzg008.jpg

敷地内側、右側面に設けられた窓口。

pl-kzg009.jpg

簡素ながらカウンターも付いています。

pl-kzg005.jpg

正面。こちら側のみ壁面が漆喰で仕上げられています。扉の上には番号プレートが付いていましたが、色あせていて判読不能(148かも)でした。

pl-kzg007.jpg

左側面。背面は確認していませんが、当初のものと思われる木製建具が完璧に残っています。外観全体を見ても、屋根材の交換やテント庇の追加を除けば、ほぼ原型を留めているといって良さそうです。

pl-kzg006.jpg

当建物は有識者調査の評価対象となっておらず、保存活用への検討すらなされていない状況にあります。そもそも同じ戦前期の門衛所でも前出の2件とは異なり、少々外れた立地も手伝ってたまたま今日まで残ったという雰囲気なので、今後の取扱いに期待する方が誤りなのかもしれませんね。

以上、貝塚門門衛所でした。

(撮影年月:2014年9月)

スポンサーサイト

category: 明治~昭和戦前

thread: 建物探訪

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukupedia18.blog.fc2.com/tb.php/260-646b5b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

▲ Pagetop