Fukupedia ホーム »  明治~昭和戦前 »渡辺通2丁目の洋館

渡辺通2丁目の洋館  


渡辺通2丁目の洋館
福岡市中央区渡辺通2丁目/昭和戦前?/木造2階建

城南線から少し入った場所、電気ビルの裏手辺りにひっそりと残る洋館。現在は事務所兼住宅のようですが、どことなく医院建築のような雰囲気も感じられます。当初の用途や竣工年など詳細は不明。

wwh001.jpg

通りから。近隣にはビルが建て込んでいるうえ、玄関回りが増築されているため、うっかり見過ごしてしまいそうですが…

wwh003.jpg

ふと目をやると、一見して古い時代のものと判る建物の一部が顔を覗かせています。

wwh005.jpg

屋根はセメント瓦に葺き替えられているものの、軒回りなどの造りを見ると、少なくとも戦前の木造建築であることには違いないでしょう。

wwh004.jpg

一方で外観については少々独特というか、あまり見かけないようなデザインとなっています。

wwh002.jpg

台形の出窓(ベイウィンドウ)やグレーのモルタル外壁は特に珍しくもないのですが、1階窓の庇と2階窓の手摺に用いられたベージュが印象的。特に手摺は個々にではなく連続して設けられており、水平線が強調されて良いアクセントになっています。

wwh009.jpg

左側面は2階に出窓が見られます。

wwh008.jpg

窓はいずれも枠を白色に塗った上げ下げ窓。中桟や格子が付いておらず、ガラスと窓枠のみのシンプルな構造です。

wwh007.jpg

敷地の奥には平屋建ての付属棟。こちらは主屋とは異なり、窓・庇とも特に変わった点はありませんでした。

全体的に外観を構成する線が太く、簡略化された抽象的なデザインが主体となっており、精緻な装飾をもつ古典的な建築とはまた違った魅力が感じられます。このようなモダンな建物が今日まで残っていたことだけでも十分に有難いですが、できれば今後も使われ続けてほしいですね。

(撮影年月:2015年5月)

スポンサーサイト

category: 明治~昭和戦前

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukupedia18.blog.fc2.com/tb.php/265-6156d2dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

▲ Pagetop