Fukupedia ホーム »  その他 »新年の御挨拶+旅初め

新年の御挨拶+旅初め  



明けましておめでとうございます。早速ですが、正月に行ってきた山口県の萩市(と山口市小郡)への旅の模様から少しだけ、建物の状況についての耳寄りな?情報をお伝えします。



1701_001.jpg
▲旧 山口銀行小郡支店大正町出張所(山口市小郡下郷1315-4/1926年/木2/設計熊澤栄太郎)

まずは、小郡にある旧 山口銀行大正町出張所。1926(大正15)年に長周銀行山口支店小郡出張所として建てられた銀行建築です。昨年2月に小郡支店へ統合・廃止され、また当時の地元紙には「今後解体される見込み」とあったので心配していましたが、ダメ元で訪れたところ幸いまだ残っていました。

大正町出張所を 来年2月に廃止  山銀、小郡支店と統合山口新聞HP

ただし現在は空き家となっており、このまま今後も残り続けるとは限らないため、興味のある方は早めに見ておいた方が良さそうです。

1701_005.jpg
▲萩光塩学院 円形校舎(萩市東田町15/1955年/RC3)

お次はメインの萩市より、市中心部にある萩光塩学院 円形校舎。1955(昭和30)年に竣工したモダンな校舎ですが、老朽化により昨年から建て替え工事が行われています。それでも、これまたダメ元で訪れてみると、外観については一応原型をとどめていました。昨年5月にお別れ見学会が開かれたそうですが、工事関係者の方によれば、この正月にも少なからぬ人が見納めに来られたとのことです。

萩光塩学院HP > 高等学校 > お知らせ > ありがとう 円型校舎見学会のお知らせ

1701_004.jpg
▲萩市民館(萩市江向495-4/1968年/RC+S/設計菊竹清訓建築設計事務所/施工奥村組)

そして、バスで萩へ到着して早々、足場に覆われた姿が目に飛び込んできた萩市民館。現場の看板によると外壁の防水改修工事の最中で、工期は昨年12月上旬から今年2月末までとのこと。全く知らなかったので中々にショッキングでしたが、施設自体は通常どおり開館中であり、また館内では親切にもホール内部まで見学させてくださったため、すぐに立ち直ることができました(単純)。

1701_003.jpg
▲萩市立明倫小学校 旧校舎(萩市江向602/1935年/木2/国登録有形文化財、市指定史跡)

最後に、明倫小学校 旧校舎。こちらも保存・活用のための改修工事中で、4棟ある木造校舎のうち本館と2号館については、観光施設「萩・明倫学舎」として今年の3月初めに先行オープンする予定だそうです。萩への旅行や建築巡りを考えている方が現在いたとして、そう都合よくこの記事に目を通すとも思えませんが、もしそうであればこれらの情報を踏まえてご検討ください。

萩・明倫学舎HP



そんな訳で、萩市民館の外観や旧明倫小をしっかり見られなかったのは心残りですが、天気にも恵まれて非常に充実した旅初めとなりました。下関より先へと足を踏み入れたのは(趣味の一人旅では)初めてのことで、少しばかり世界が広がって気も大きくなったよう。そういった意味でも、新しい年の始めに相応しい旅行であったと思います。

それでは、2017年もよろしくお願いします。

(撮影・2017年正月)

スポンサーサイト

category: その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukupedia18.blog.fc2.com/tb.php/306-267aeda3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

▲ Pagetop