Fukupedia ホーム » 土木構造物 »田川市の煉瓦遺構

田川市の煉瓦遺構  

tgw-br017.jpg
田川市の煉瓦遺構(橋梁跡?)
福岡県田川市日の出町・大字伊田/明治後期~大正?/煉瓦造

引き続き田川市より。今回は用途・建設時期は不詳ながら、何とも気になる煉瓦造の遺構をご紹介します。

tgw-br001.jpg

場所は前回の伊田架道橋(写真奥)から南西へ100メートル余り。かつての三井田川炭鉱 伊田坑の敷地に挟まれた一本道の途中、小さな商店や飲食店が軒を連ねる道路沿いに、赤煉瓦の構造物がポツンと立っています。

tgw-br008.jpg

tgw-br010.jpg

道路側の上部に床石(橋桁を受ける部分の石)らしき造りが見られるため、恐らく道路を跨いでいた橋梁の跡と思われます。裏側が削られているので判断に迷いますが、たぶん橋脚ではなく橋台でしょう。高さは大体4メートルほどで、伊田架道橋のそれよりも若干高いぐらい。

tgw-br011.jpg

tgw-br009.jpg

一方で横幅は2メートル前後と、やや狭い印象を受けます。このためJR・国鉄の在来線の軌間(狭軌=1067ミリ)よりも狭い、炭鉱専用の軌道の橋梁ではないかと思いますが、軌道以外の設備である可能性も否定できず、やはり詳細はよく分かりません。

tgw-br012.jpg

もっとも、わざわざ煉瓦造でしつらえたからには単なる人道橋などではないでしょう。建設時期も伊田坑が開坑した明治後期から、煉瓦に代わってコンクリートが普及する大正以前に絞られるものと思われます。

tgw-br018.jpg

また、そういった由来を抜きにしても、この遺構には面白い特徴があります。道路を跨ぐ桁を支えていたであろう橋台が、道路脇の水路を跨いで建てられているのです。

tgw-br013.jpg

tgw-br014.jpg

水路を跨ぐアーチ部分。断面形状は普通の半円ではなく、石坂トンネル(平成筑豊鉄道田川線)などと同型の扁平三心円のように見えます。

tgw-br015.jpg

tgw-br019.jpg

上部の詳細。

tgw-br003.jpg

tgw-br002.jpg

tgw-br005.jpg

ちなみに道向かいの建物をよく見ると、室外機の背後にはよくある腰壁タイルかと思いきや、同じ積み方の赤煉瓦が覗いています。もう一方の橋台(または橋脚)が建物に埋もれながらも残っているようです。

tgw-br007.jpg

tgw-br021.jpg




おまけ。西側に並行する国道322号の「新町国道」踏切付近に、何やら怪しい線形の取付道路(赤色の線で示した部分)があります。

tgw-br022.jpg

tgw-br024.jpg

ややカーブが急な気もするものの、現・JR日田彦山線の線路へ寄り添うように折れ曲がっています。

tgw-br025_.jpg

また、線路脇にあるJRの境界標(赤色の矢印)も随分と手前側に見られます。

tgw-br023.jpg

振り返って伊田坑跡の二本煙突を望む。仮に先の遺構が軌道の橋梁跡だったとすると、初期にはナローの軌道をここまで敷いて、国鉄の側線に横付けして積み出していたのかなあ…などと想像します。確証は全くもって無いのですが、こうして気ままに想像を膨らませるのも楽しいものですね。

tgw-br020.jpg

田川では他にも色々と見てきましたが、すべてを取り上げるとキリがないので、この辺りで一旦終了したいと思います。ただ、田川は直方のような派手さには欠けるものの、一見地味ながら味わい深い建物が多く残る街であり、一日ではとても味わいきれずに心の残る旅となりました。いずれ石炭博物館をじっくり見学するついでに、見落とした箇所を回りたいものです。

(撮影年月・2016年2月)

スポンサーサイト

category: 土木構造物

tb: 0   cm: 2

コメント

水道管?

この件、SNSに投げかけたところ、Fecebookで「出所忘れたが水道管が通っていたと聞いたことがある」というコメントが寄せられました。ただし、廃線後に水道管を通した可能性も捨てきれません。

タケ #- | URL
2017/03/07 18:26 | edit

Re: 水道管?

タケ様

情報ありがとうございます。
国土地理院のサイトを確認したところ、1947年の航空写真には道路を横切る影(?)が写っていました。周囲に軌道らしきものは見られませんが、これが水道管だとすれば確かに納得がいきます。
ただ、仰る通り転用されたものである可能性も残りますね。造られた時期が古いだけに、当初の用途まで特定するのは大変そうです。

博多人(本町3丁目) #jeqJiTJY | URL
2017/03/07 23:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukupedia18.blog.fc2.com/tb.php/311-68b9c179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

▲ Pagetop