FC2ブログ
2019/08/07 (Wed) 09:00

長崎市シルバー人材センター


長崎市シルバー人材センター(旧 長崎原爆被爆者福祉会館)
長崎市岡町2-13/1960年/鉄筋コンクリート造地下1階・地上3階建 
設計:長崎市建設部建築課 施工:未確認

 今回は長崎市シルバー人材センターをご紹介します。浦上地区の平和公園📷そばに立地する建物で、竣工は1960(昭和35)年12月。もともとは長崎原爆被爆者福祉会館として、長崎原子爆弾被爆者対策協議会(原対協)によって建てられた施設でした。
 竣工に伴い原対協の事務局が入居し、翌年2月以降に診療・職業補導・宿泊などの事業を順次開始。後年、事務局や診療・検査機能は別の施設へ移ったものの、99(平成11)年3月の廃止まで40年近くにわたり、援護事業の拠点として被爆者の生活支援に貢献してきました。廃止翌年に土地・建物が市へ寄贈され、以後は用途を変えつつ余生を送っています。
 なお、市の耐震化に関する資料(昨年度)によると、当建物についてはいずれ解体する方針のようで、耐震診断等は実施されていないとのことです*1

abs-wc004.jpg
■立地 
 浦上地区を南北に貫く国道206号線(新浦上街道)の東側に位置し、国道から少し上った高台に建っています。写真左奥(南側)の木立ちは平和公園です。敷地は正面(東側)の道路よりも一段低くなっており、一見すると4階建ての2階部分に玄関があるような雰囲気です。

■建物の特徴 
 雑誌『公共建築』の記事*2 によると、設計者は長崎市の建築課。ラーメン構造の柱梁を外部に表し、各階に薄い庇を巡らせています。柱梁と庇の先端はブルーグレーのモザイクタイル、腰壁はアイボリーのタイル張り。全体のプロポーションや、腰壁タイルの寸法・パターンなどは多少異なるものの、前回紹介した市役所庁舎📄と非常に良く似た建物です。竣工時期も市役所本館の翌年、別館の前年というだけあって、その影響を感じずにはいられません。
 前回記事で述べたように、市庁舎の設計を手掛けたのはコンペで当選した郵政省の建築家で、当時の郵政建築を踏襲したスタイルが採用されました。郵政スタイルは他の中央省庁から地方自治体まで、公共建築全般に波及したと言われます。当建物も一見してそれと分かる佇まいであり、自治体の営繕組織に影響を与えた好例だと言えるのではないでしょうか。市庁舎とセットで考えると、建物のもつ価値は小さくないような気がします。
 ちなみに長崎原対協の事業には「お年玉つき年賀はがき」を通じた寄付金が度々活用されており、当建物の建設にあたっては総事業費の全額が寄付金で賄われたとのこと。郵政省との遠からぬ縁をつくづく感じる建物です。

abs-wc010.jpg

abs-wc011.jpg

abs-wc007.jpg

 ファサード。市庁舎とは異なり、庇に至るまで当初の仕様をよく留めています。庇を突き抜けるように通された雨樋を含め、質素ながらも洗練されたデザイン。よく見ると、庇と柱梁ではモザイクタイルの種類が若干異なるようで、後者はやや水色っぽい色合いです。

abs-wc005.jpg

abs-wc006.jpg

abs-wc008.jpg

abs-wc012.jpg

 玄関。年賀はがきの寄付を受けた旨を記したプレートが入口脇に掲げられ、また足下には地階の採光のためかガラスブロックが埋め込まれています。

abs-wc017.jpg

abs-wc013.jpg

abs-wc026.jpg

abs-wc015.jpg

abs-wc016.jpg

abs-wc014.jpg

abs-wc019.jpg

abs-wc020.jpg

 平和公園の駐車場より。市庁舎がセンターコア形式だったのに対し、こちらは玄関横の1スパンを階段室として、外観に変化を付けているのが特徴です。もっとも道路から見上げる限りではそれほど目立っていませんでした。塔屋の低さや庇の存在も影響したのでしょうが、よくよく見るとここだけ全面モザイクタイル貼り。タイルの水色が青空に溶け込んだのかもしれません。

abs-wc021.jpg

abs-wc022.jpg

abs-wc009.jpg

abs-wc003.jpg

abs-wc001.jpg

 以上、長崎市シルバー人材センター(旧 長崎原爆被爆者福祉会館)でした。


【脚注】
*1 市HPの長崎市の耐震化への取り組みより、市有建築物の耐震化実施状況(PDF)を参照。実施状況一覧129番。
*2 『公共建築』4巻3号(通巻14号)93頁 営繕協会/日刊建設通信社/1961年12月

【撮影年月】
 2018年5月、8月

【参考文献・リンク】
記事中に挙げたもののほか、
『長崎市史年表』長崎市史年表編さん委員会/長崎市役所/1981年
『新長崎市史』第4巻(現代編) 長崎市史編さん委員会/長崎市/2013年
長崎原対協HP > 事業概要 > 令和元年版 事業概要
長崎市HP > 原爆被爆者対策事業概要

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント