fc2ブログ
2020/03/29 (Sun) 09:00

天神コア ほか


天神コアビル 
福岡市中央区天神1丁目11-11/1976年/鉄筋コンクリート造+鉄骨造、地下3階・地上8階建(塔屋2階)
設計:東京浦辺建築事務所 施工:間組・鹿島建設JV

 今回は小ネタです。再開発のため今月末(2020年3月31日)に閉館する商業施設・天神コアについて、少しばかり書き留めたいと思います。同施設は1976(昭和51)年6月5日に開業。隣接する天神ビブレ(先月閉館)とともに、「天神一丁目第一防災建築街区造成事業」の一環で建設された再開発ビルです*1
 もともとこの場所には西鉄街、銀座通り商店街、それに因幡町商店街がありました。いずれも木造店舗が密集しており、火災対策が長年の懸案となっていましたが、71年には約30店が全半焼する大火が発生。これを機に耐火ビル建設の気運が一段と高まり、また時を同じくして天神地区への商業集積も進んでいたことから、一体的な大規模商業施設が誕生するに至りました。

t-core002.jpg

 設計者はいずれのビルも(株)東京浦辺建築事務所です*2 。同所は1962年、浦辺鎮太郎氏が開設した(株)倉敷建築研究所の東京分室として発足。その後(株)浦辺建築事務所の東京事務所を経て、72年に分離独立する形で設立されました。なお、天神コアを手掛けた後の78年には(株)加藤義宏建築事務所へと改称しています*3
 分室時代から同所を率いていたのが、事務所名に現れた加藤義宏氏。東京大学を52年に卒業して倉敷レイヨン(株)に入り、同社の営繕部で浦辺氏に師事した後、同氏が独立した際に創設メンバーの一人として加わっています*4 。ざっくり経緯をまとめると、最初に倉敷レイヨンの営繕部があって、そこから浦辺氏が加藤氏らを連れて独立し、さらにそこから加藤氏が独立したという訳です。
 ちなみに雑誌『商店建築』の記事によれば、天神コアの建築主である西鉄が設計を委託したのは70年。その2年前には当時の建設省から防災建築街区の指定を受けるなど、ビル建設に向けて着々と動いていたようです。つまり、浦辺氏の作品として有名な西鉄グランドホテル📷(67年着工、69年竣工/浦辺建築事務所)から遠くない頃、しかも加藤氏の率いる東京事務所がまだ独立していない時期から、天神コアのプロジェクトも既に始動していたことになります。
 そうなると、実際に設計を手掛けたのは東京の加藤氏らですが、当初は西鉄GHの流れで浦辺氏に持ち掛けられていた可能性も考えられます。この辺りの経緯はひょっとしたら西鉄の社史に言及されているかもしれません(確認しとけば良かった)。

t-core004.jpg

 以下、ごく簡単に見ていきます。渡辺通り沿いの南西角付近にある定礎と、大規模小売店舗法に基づく表示。大店舗の設置者名は “西日本鉄道(株)外34名” となっています。

t-core008.jpg
t-core005.jpg

 表示プレートの脇には地階の出入口があり、地下1階まで下るとこんな感じ。ここは屋内の階段室というよりも半屋外的な空間で、撮影時は営業時間前でしたが普通に出入りできました。
 個人的に天神コアについては、白っぽくてピカピカな建物というイメージが強かったので、この煉瓦タイルは少々意外な印象を受けます。ちなみに記事冒頭の写真(向かいのビルから撮影)を見返すと、塔屋の首元辺りにも同じタイルが使われているようです。いずれもビルの外を通り過ぎるだけでは気付きにくい訳で、そういえばあんまり注意深く見たことがなかったし、そもそも入ったことも少ないなあと今更ながら思いました。

t-core091.jpg
旧 福岡アメリカ屋ビル(アメリカ屋靴店ビル)

 続いての小ネタ。天神コアとビブレという2つのビルが合わさって、1つの大きなビルを構成している……というのが通説的な見解(?)ですが、実際には3棟のビルから構成されています。残る1棟は天神コアの北西側、福岡ビルに隣接するこの部分。当初はアメリカ屋靴店を核とする福岡アメリカ屋ビルでした。もっとも、施工者や建設時期は天神コアと同じであり、ビブレ以上に一体的な扱いだったようです。ちなみに天神コアの特設サイトによると、1987年のリニューアルで店舗数が54も増えている*5 ので、恐らくこの時に天神コアに組み込まれたのではないかと想像します。
 以下、施工者のうち1社である間組の社史と、設計者の加藤氏が先述の雑誌『商店建築』に寄稿した設計要旨から、当ビルに関する箇所を引用します。

(前略)昭和48年7月の建築確認申請時点では、地権者間の調製が不十分で4つの単独ビルとして事業は発足したが、最終的には、天神コアビル(企業者/西日本鉄道株式会社、銀座通り商店街)、アメリカ屋靴店ビル(企業者/株式会社アメリカ屋靴店)、天神第一名店ビル(企業者/天神1丁目第一防災建築街区造成組合、IS総合ビル株式会社)の3つのビルで構成される一体的防災ビルとして建設された。当社はこのうち、天神コアビルとその一角を占めるアメリカ屋靴店ビルをそれぞれ当社ほか1社のJVで、また天神第一名店ビルは他2社からなるJVと当社との共同施工で完成させた。(中略)
 昭和49年7月30日に各ビルの合同地鎮祭が行われ、工事に着手した。同じ敷地内に建設されるこれらのビルの設計監理は東京浦辺建築事務所が担当したが、外観はひとつのビルとして表現されるが、施工会社は4社がJVを組んだり、当社と他JVが共同施工をしたりするという特異なケースであった。
(中略)渡辺通りに面して、ほとんどひとつのビルに見える天神コアビルとアメリカ屋靴店ビルは、SRCおよびS造、地下3階、地上8階建て、延べ面積は合わせて2万6606㎡である。(中略)天神コアビルには100余店の店舗が入っており、物販・飲食店など業種は多種多様にわたり、複合建築であるためとくに防災消火設備に重点がおかれた。(後略)

※『間組百年史 1945–1989』554・555頁より引用。太字は引用者による。

(前略)天神コアビル 福岡アメリカ屋ビル 天神第一名店ビルは 元来立地的にも1つであるべきところを都合により それぞれ単独ビルとして計画され したがってこの3つのビルは構造的に一応独立しているものの 各階のスラブを継ぎ地震時の水平移動に対してバランスを保持しており その空隔は0mmとなっている。(後略)

※加藤義宏「福岡市天神一丁目市街地再開発事業<天神コアビル 天神第一名店ビル>について」(『商店建築』22巻5号70・71頁)より引用。太字は引用者による。

t-core006.jpg

 1階正面。近年は通りに面してデイリーヤマザキが入っており、そのためか山崎製パンの広告看板が掲げられているなど、この一画だけちょっとファッションビルらしからぬ雰囲気がありました。福ビル側の隅には天神コアとは別に定礎が見られ、もともとは異なるビルだったことを物語っています。

t-core007.jpg
t-core001.jpg
天神ビブレビル(旧 天神第一名店ビル)
施工:竹中工務店・大成建設・間組 因幡町総合ビル新築工事共同企業体 ※この写真のみ2015年5月撮影

 最後は天神ビブレ。施工者は『商店建築』の表記に従いましたが、先に引用した間組百年史の記述に照らすと、竹中・大成JVと間組による共同施工という理解でいいのでしょうか。なお設計者や階数、地階のみRCである点は天神コアと同じ。ただし、こちらは半年近く遅れて1976(昭和51)年11月6日に開業しています。
 西鉄という大企業が軸となった天神コアとは異なり、権利関係やキーテナントをめぐって多少の紆余曲折があったとのこと。ビルの構造上、基礎や地階の工事は天神コアと並行して進められ、地階の打設が完了する頃にようやく総合スーパー・ニチイの進出が決定したそうです。

(前略)西鉄が天神コアビルの工事を進める以上 因幡町の天神第一名店ビルの工事も地下階においては停止するわけにはいかず とくに基礎がベタ基礎であることと 西ビルの中心にコアを設けていることから片荷重では地盤の不動沈下を生じ易く危険である関係上 請負3者にとくにお願いして未契約にも拘らず 天神第一名店ビルの地下矩体の工事に着手してもらった。
核店舗不在のまま因幡町2者は支払い計画が立たず工事契約も小刻みに部分契約を繰返しながら進めていった。このような状況のもとで権利者につぎつぎと設計承認を求め 継続発注の契約を得るためには今後決定される核店舗が要求するであろう設計変更に対して 何ら障げにならぬことを理解してもらう必要があった。オープン店舗か クローズド店舗かによって昇降機の位置の移動などが考えられるので変更の予想される部分は構造補強を行いながら施工を進めた。幸にして地下階打設完了の時点で核店舗として “ニチイ” との契約が成立したのにともない直ちに50日間の工事停止を行い その間に基本設計に遡る設計変更を終え再び着工するに至った。(後略)

※加藤義宏「福岡市天神一丁目市街地再開発事業<天神コアビル 天神第一名店ビル>について」(『商店建築』22巻5号70・71頁)より引用。太字は引用者による。

 82年に全国1号店としてビブレに転換するなど、開店後経緯も興味深いものがありますが、この辺りはウィキペディアに詳しく出ているので割愛します。ちなみに先月の訪問時は既に閉館していたこともあり、写真は大店舗の表示板だけ撮影。デザインは天神コアのそれと共通ですが、設置者名が “天神第一名店ビル外27名” となっており、当初のビル名称を今なお残していたことが特徴でした。定礎もどこかに存在するそうですが見つけられず。出入口のシャッターより内側にあるのだとしたら、最早お手上げです。

t-core010.jpg
t-core003.jpg

 何はともあれ以上、天神コア・天神ビブレでした。個人的にはあんまり縁のない場所でしたが、天神コアの塔屋に輝く印象的なロゴマーク、そしてビブレの地階で食した名代ラーメンの味を思い出すと、やっぱり一抹の寂しさを覚えます。今度の再開発は隣接する福ビル📄と一体で、商業・オフィス・ホテルの入る地上19階のビルに生まれ変わる予定。新たなランドマークの誕生に期待したいと思います。


【脚注】
*1 『間組百年史 1945–1989』554・555頁。
*2 前掲書及び『商店建築』22巻5号 70・71頁。
*3 『設計事務所便覧』1980年版124頁。
*4 前掲書及び『浦辺鎮太郎作品集』157頁。
*5 天神コア公式HPの特設ページ「ワンモアコア!」の記述による(閉館後リンク切れ)。

【撮影年月】
 特記の無いものは2020年2月

【参考文献・リンク】
加藤義宏「福岡市天神一丁目市街地再開発事業<天神コアビル 天神第一名店ビル>について」
 ※『商店建築』22巻5号(商店建築社)70・71頁
『設計事務所便覧』1980・全国版 勝 重孝/日刊建設工業新聞社/1979年
『間組百年史 1945–1989』間組百年史編纂委員会/間組/1990年
『浦辺鎮太郎作品集』浦辺太郎、浦辺真郎、浦辺徹郎/新建築社/2003年
『創立110周年記念誌「まちとともに、新たな時代へ」』西日本鉄道株式会社110年史編纂委員会/同社/2018年(西鉄HP🔗
天神コアワンモアコア!(天神コアHP)
福ビル街区建替プロジェクト(西鉄HP)
天神コア天神ビブレ(Wikipedia)
天神コアの夜景天神コア・天神ビブレ01(ALL-A blog)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント